ナイスミドル・シニア専門店 東急沿線の従順な人妻たち
電話番号:03-5428-6311
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
             
 
     
               
ストーリープレイのご紹介

No.100 美人教師のフェラチオ日記 New!
     〜テニスルックでフェラチオ日記の朗読を強制される性職者〜
 
注1)“FIRA”のポロシャツ、ミニスカート、ガーターは、女性に持参させます。
注2)朗読用教材 『美人教師のフェラチオ日記』は、シナリオ本編の巻末にあります。
朗読用教材:『美人教師のフェラチオ日記』は、あくまでサンプル、ひとつの例です。
皆様の願望に合せ、自由にアレンジしていただくことで、「俺がしてもらいたいフェラ」が実現します。 この日記は、声に出して女性に読ませることで、「男にどういう風に奉仕するのか」、「どうしたら男は喜ぶのか」を知らしめ教育することを狙っています。
黙読ではなく、言葉にして淫語や嫌らしいフレーズを女性に読ませることが肝要なのです。
普段は言えない言葉を、強制されたので仕方なく口にしたという言い訳を与えてやる―これこそがストーリープレイの効用なのです。
男の側からしても、通常のプレイでは遠慮や恥ずかしさから要求できないことも、「俺がそうしたいのではなく、ストーリーが求めているから」という風に言えるのです。
当店の女性の潜在能力を引き出す手法としてのストーリープレイを是非実践していただきますようご提案申し上げます。
店長・酒井

参考までに「俺がしてもらいたいフェラ」をもう一例お示ししておきます。
       ↑CLICKして下さい。
【シナリオ本編】
中学受験に強い港区の小学校の美人教師・加藤かおり。
体育の授業を終えたばかりで、FILAのポロシャツとスポーティなミニスカートといういでたち。
スカートの下には、聖職者には似合わないガーターを着けている。
今日、担任している生徒の父親が、相談があると学校へやってきた。
父親の待つ会議室に入ってくるところから始まる。

教師 はじめまして。担任の加藤です。
父親 お忙しいところ、すみません。
教師 いえ。それで、どういったご用件ですか?
父親 いや、息子のことなんですが……。先生もご存知のとおり成績が一向に良くならなくて。このままでは、慶西中等部の合格はおぼつかないと思うのです。
教師 そうですね、今の成績ではちょっと厳しいかと思います。
父親 5年生までは優秀だったんですよ。でも6年生になって、先生が担任なってからは、さっぱりです。加藤先生の教え方に問題があるんじゃないかと。
教師 そんなことはないと思いますが……。
父親 そうですかねえ、まずその服装で教壇に立つこと自体、問題ではありませんか。
教師 問題?
父親 子供といえ6年生ともなれば、はっきりと性、つまり女を意識します。 クラスの半分以上は夢精を経験し、精通の快感も知っているのですよ。 そんな生徒の前で、いくら体育の時間といっても、こんな体の線がはっきりとわかる服装で授業なさるとはね。
教師 服装はともかく、生徒には真剣に向き合って常に集中して授業をしているつもりです。
父親 しかし、よりによって「フェラのポロシャツ」とはねえ。
教師 フェラではありません、“フィラ(FILA)”です。
父親 どちらにしても、不埒な行為を想像させるブランドですね。 ブラの線がはっきり分かるポロシャツとこんな短いミニスカートで授業したら、男子生徒は目のやり場に困って勉強どころじゃないでしょう。 それとも、先生は露出癖があるんですか。この格好で男性教師を誘っているとか。
―父親、教師の後ろに回り、体の線を確かめるように触り始める。
教師 や、止めて下さい。
父親 本当に集中して授業をしているというのなら、少しぐらいタッチされても平然としていられるはずです。
教師 そ、そんな。
父親 とくに先生の専門の国語の成績が落ちています。
先生、これを読んでもらえますか。私が用意した教材です。

 ―父親、『美人教師のフェラチオ日記』(別紙)をかおりに手渡す。
教師 こ、これを読むのですか。
父親 少々刺激が強いでしょうが、そのぐらいでないと、先生の真剣度のテストになりませんからね。さあ、声を出して読んでください。僕によく理解できるようにね。
教師 ―教師立ったまま、淫語オンパレードのプリントをおずおずと読み始める。
 女教師が読めない漢字や用語があれば、ねちっこくそれを指摘し困らせる。
 例1)そんな文字も読めないんですか。それでよく国語を教えていますね。
 例2)それは、「ありのとわたり」と読むのです。どこだか知っていますか。
―父親、教師を舐めまわすように見る。
教師 あ、あんまりじっと見ないで下さい。
父親 そういう生徒だっているでしょう。それに耐えて、平然と授業を進めなければ。
教師 は、はい。
 ―全身を見られている恥ずかしさで、手足や身体をもじもじと動かす女教師。
父親 全く落ち着きがありませんね。大体あなたがそんな感じだから、生徒が授業に集中できないんだ。ひょっとして嫌らしい下着を着けていたりして。調べさせてもらいますよ。
 ―父親、いきなりスカートの前をめくり、下着を確認する。
(スカートの下には、ガーターベルトをつけている女教師)
加藤先生、体育の授業にガーターが必要なんですか。
教師 そ、それは・・・
父親 それは何ですか。
教師 暑い日にパンストでは、あそこが・・・。
父親 あそこがどうなるんですか。
教師 む、蒸れてしまいますので・・・。
父親 ―父親、立ち上がって、パンティの前布の部分を触る。
あそことは、ここのことですか。
―指で局部のふくらみを確かめるように触る。
父親 先生ここ、蒸れ蒸れですね。それに嫌らしい匂いがしていますよ。 こんな匂いをプンプンさせちゃ、男子生徒が授業に集中できないのも当然だ。
教師 匂いなんて出ていません。
父親 そうですかね。全く嫌らしい事を考えてはないのですね。
教師 もちろんです。
父親 ではこの後、何があっても平然と読みつづけて見せてください。嫌らしい事をまったく考えていないのなら、できるはずです。
教師 そ、そんな・・・。
  ―教師、淫語を口にするたびに、恥ずかしさで言葉を詰まらせてしまう。
―父親、教師の体のあちこちをいじり始める
―教師、体を触られることに興奮し息遣いが荒くなっていく。
父親 先生鼻息が荒くなってきましたね。
  −父親、教師のヒップに手を回し揉みしだく。
教師 ―かおり、体をよじりタッチを交わそうとするが、下からヒップを撫で上げられ思わず声をあげてしまう。
あ、あっー。
父親 何があっても平然と読みつづける、そう言ったでしょ。
教師 は、はい。
  −教師、プリントを読む声が切れ切れになり、喘ぎ声が漏れ始める。
父親 こんなタッチに反応するなんて教師としてあるまじき体ですね。 それにこんな艶(なま)かしい声で授業されたら、男子生徒は我慢できないな。
―といいながら、ポロシャツのバストを揉みしだく。
教師 はあ〜。
―吐息を漏らしながらも教材を読もうとするが、言葉にならない。
―父親、ポロシャツのボタンを外し、ブラジャーの上から乳首の突起を確かめる。
父親 乳首が勃起してますよ、加藤先生。
―父親、教師のパンティの中に手を忍び込ませていく。それに、ここもこんなに濡らして・・・。
教師 あ、だめです。も、もう……。
父親 最後まで読んだら、次はその通り実践してもらいますからね。 実践を伴わない教育はありませんからね。
   
女教師が、『美人教師のフェラチオ日記』を読み終えたら、その通りフェラチオさせるのも一興。

― その他アドリブでどうぞ。

 
以下はシナリオ中にある父親が女教師に渡す教材です。

美人教師のフェラチオ日記〜聖職者が性職者に変わる時〜


腰を引き、女の口から肉棒を抜き出す。離した唇から透明な唾液が糸を引き、たらりと床に滴り落ちた。 血管が浮き出たペニスは唾液まみれになりながら、天を向き反り返っている。

「左手でバストを揉み、右手でクリットを慰めるんだ」
「そのまま、口だけでおしゃぶりだ」
オナニーを強制されながらの恥辱的なフェラチオ。かおりは教師としてのプライドをずたずたにされながらも、口唇奉仕する恍惚感に恥部をはしたないまでに濡らしていた。
「睾丸も舐めるんだ」
かおりは小さな口を精一杯開いて、玉袋ごと口に含んだ。
「口に含みながら、舌で睾丸を転がすんだ」
左右の睾丸を丁寧に吸い転がした後、勃起したペニスを女はいとおしげに両手で撫でさすった。 「大きいわ」とつぶやきながら、かおりはペニスが好きで好きでたまらないと言わんばかりに頬ずりした。

「今度は俺の顔を見ながらしゃぶるんだ」
男の顔を見上げ、切なげな目で見つめる女教師・かおり。その顔を見下ろしながら再び肉棒を近づける。
亀頭に口を寄せペニス全体を含もうとするが、男は腰を引きその行為を焦らした。バストとクリットを両手で慰めることを強要されているかおりは、口で咥える他ない。男の腰の動きに合わせ女は口を開き、舌を出しそれを追う。肉棒を咥えようと必死になる女の仕草は、まるでメス犬のそれだ。
かおりは顔を傾けながら竿の幹の部分を横咥えした。唇を竿幹に押し付け丹念に左右にスライドさせる。フルートフェラは前後にスロートするそれとは違う別の快感を男に与える。

うっとりした目で剛直を見つめ、かおりは男の正面にひざまづく姿勢に戻った。
そして舌をべロリと出し裏筋を下から上にすくい上げるように、何度も何度も……。
雁首の周り、皮の合わせ目を唇と舌でねちっこく舐め尽す。
一回り大きく張り切った亀頭を再び口に含んだ女教師かおり。
雁首から根元までジュるジュると音を立てて女の口唇が上下する。
「い、いきそうだ」
男が思わず声をあげると、唇はペニスから玉袋へと移動し、睾丸をねっとりと舐めあげた後、蟻の門渡りに舌が伸びた。

「オナニーをやめて両手で俺の尻肉を掴め」
女の口に突き刺した肉棒をゆっくりと前後させる。
動かす度にかおりの柔らかい唇の感触がペニスの根元まで届く。
硬くなった肉棒を喉の奥まで含ませる『イラマチオ奉仕』
毎日のように口唇奉仕の仕方を仕込まれたかおりは、男根を咥えるたびに口内アクメを感じるようになっていた。教師という聖職者はすでに性職者へと変貌していた。
亀頭が喉の奥当たるたびに粘着性のよだれが溢れてくる。ペニスを根元まで含む行為を今では男をいとおしく思う性技だと思うようになっていた。
強制されている、しかしそれは自分の悦びとなっている。
強制と服従、恥辱と恍惚、男によってここまで従順で淫蕩な女になれることをかおりは初めて知ったのだ。
喉奥に突き立てられた亀頭に嗚咽しながらも、性職者・かおりは、子宮にジーンと届く血流の感覚を覚えるのであった。


このフェラチオ日記は、あくまでサンプル、ひとつの例です。
皆様の願望に合せ、自由にアレンジしていただくことで、「俺がしてもらいたいフェラ」が実現します。
この日記は、声に出して女性に読ませることで、「男にどういう風に奉仕するのか」、「どうしたら男は喜ぶのか」を知らしめ教育することを狙っています。
黙読ではなく、言葉にして淫語や嫌らしいフレーズを女性に読ませることが肝要なのです。
普段は言えない言葉を、強制されたので仕方なく口にしたという言い訳を与えてやる―これこそがストーリープレイの効用なのです。
男の側からしても、通常のプレイでは遠慮や恥ずかしさから要求できないことも、「俺がそうしたいのではなく、ストーリーが求めているから」という風に言えるのです。
当店の女性の潜在能力を引き出す手法としてのストーリープレイを是非実践していただきますようご提案申し上げます。
店長・酒井

参考までに「俺がしてもらいたいフェラ」をもう一例お示ししておきます。
       ↑CLICKして下さい。
 

ストーリープレイのご紹介へ戻る

当店では本番行為等、一切を禁じております。「新風俗営業適正化法:第31条」に基づく営業届出済み店です。
ナイスミドル・シニア専門店 人妻デリヘル 東急沿線の従順な人妻たち

ウェブサイトを構成する全ての画像、文章などの著作権は
東急沿線の従順な人妻たち」に帰属しており、無断使用・転載は一切禁じます。
無断使用・転載が発覚した場合は法的な措置をとらせていただきます。
Copyright (C) 2013 デリヘル 「
東急沿線の従順な人妻たち」 all Rights Reserved 
ナイスミドル・シニア専門店 東急沿線の従順な人妻たち
待ち合わせ不倫倶楽部 電話番号:03-5428-6311 営業時間:10:00〜21:00